アニメ『プリンセスチュチュ』に関する私の感想

プリンセスチュチュとはバレエをテーマにしたアニメで、
2002年から2003年にかけて放送されました。
あらすじは1匹のアヒルが哀しい顔をした王子様みゅうとの失った心を
取り戻すために謎の老人ドロッセルマイヤーの力でプリンセスチュチュとなり
王子の失った心を取り戻していく話です。

この物語は子供向けの絵と、放送時間帯でしたが
話の内容は少し子供には難しいかもしれないです。

あらすじだけではとても簡単な話に聞こえてしまうかも知れませんが、
実際はそんなに簡単ではないのです。
プリンセスチュチュが簡単な話ではない訳は、
1つはこの物語はすべてドロッセルマイヤーに仕組まれたものだということです。

ドロッセルマイヤーとは書いた物語を本当のことにする力を持っていました。
自身か死んでもなお、ドロッセルマイヤーの書いた終わらなかった物語『王子と鴉』が
目覚め登場人物達はその渦に巻き込まれてしまうのです。

2つはプリンセスチュチュはお話の主人公でありながら
物語の脇役だということです。
実際ドロッセルマイヤーの書いた『王子と鴉』でも
プリンセスチュチュはほんの数行しか出てきません。

ネタバレしてしまうと、プリンセスチュチュは王子とは結ばれない運命なのです。
そんな運命を背負いながらも頑張るプリンセスチュチュことあひるに始終心を奪われてしまいます。

私は小さい頃このアニメを見ていましたが、大きくなって見なおしてみてとても感動しました。
作画も音楽も内容も素晴らしいのです。
小さい頃は理解出来なかった内容も今では理解できます。
このアニメは大人になったからこそ見てほしいアニメです。
是非色々な人に見てほしい。
横浜 リノベーション