パソコンの文字でも電話でも感じられること・これも近代化?

現代はパソコン使用が少なくなったと言うけれど、中高年世代にはこれもよいアイテム、中高年がよく言うのはスマホは便利なトレンドだけれど文字が小さいという点ですね。
できれば視力のことなど50代なりの○眼などと言いたくはないけれど、身体能力は素直とか正直に機能するもので、パソコンするにも書籍を読むにも眼鏡が必須。

インターネット普及の産物としてはネットショッピングもありますが、これまで書籍など読むのみだったのが一般人でもブログを書く様になったことでしょう。
高校時代など感想文とか課題は苦手というのでもブログならば文体もフリーで、単語をつぶやくだけでもブログになる、文字だけというものですが文章の書き方や言葉の使い方で
性格や感性も感じられます。

単語の使い方では流行り言葉が並んでいたり、カタカナ言葉を多く使うのは年齢が若い人だなと思うし、几帳面で旧字体があれば50代とか60代の方かなという感性を持ちます。気持を表現するのは文字でも会話でもある、これが通信分野での電話というのでも思っていることや言葉の内側にあるものが感じられる、座っている姿勢や表情もわかるようである。こう言うと年配の人はなど思われそうですが、仕事ならばちゃんと構えるのが一般常識、こういう秩序も近代化で失せたかと感じます。
資金繰り改善しないとどうなる?